トップ
ページ
信頼される
お助け隊とは?
お助け隊の
工事事例
運営組織
責任会社
サイトマップ

工事種目:
 瓦、カラーベスト
 コロニアル、スレート材
 金属材料葺き替
 スレート材系屋根の
 復旧工事
 (美観再生工事)
 ガルバニュウム鋼鈑 
 カバー工法
 雨漏り修理・屋根修理
 屋根塗装
 屋根部防水工事
 外壁防水工事
 外壁工事


屋根の構造、葺き替えの工程など

   屋根の修理をしたいとき、屋根葺き替えをしなければならないとき、業者さんから見積をもらって考えたいとき、どこをどうすればいいのか? 屋根の構造を知ら無かったり、その修理する箇所の名前が分からないとき、業者に電話して説明するのにいらいらしませんか? また修理の説明を電話で受けた時、屋根の構造や名前を知らないと・ ・ ・ 「ああ、雨漏りがするのでしたら、防水シートをチェクしないといけないですね、 腐食が進んで野地板もやられている可能性があります。」  「 ・ ・ ・ 」
「防水シートって何? どこにあるの??」、「野地板って何をするの」 などと自分の家の屋根部分の名前がちんぷんかんぷんです。 これでは、悪徳業者に舐められます。 修理、工事の為の屋根の基本的な構造など、最低限の知識をここのサイトでしっかり学んでください
屋根修理を火災保険で補填する場合の解説は、別サイトを載せています。
 

屋根の構造は基本的に3層構造

 屋根の構造は、左上から、
  1: 屋根の骨組み
  2: 下地(野地板、今はコンパネ、合板材)
  3: 下葺き材(防水シート、ルーフィング)
  4: 仕上げ材(屋根材)

一般に、木造住宅の屋根の構造は、骨組み、下地は木材下葺き材は、アスファルトの基材、そして一番目にする仕上げ材は、瓦あり、スレート材あり、金属などいろいろな材料でつくられています。

屋根を構成する要素する主な要素は、
  下地材である、コンパネ(野地板)
  防水の為のルーフィング(防水シート)
  一番上の仕上げ材の3つです。
  (瓦、スレート材、トタンなど)

現代の屋根の構造では、この3つのうちどれかが欠けても正常な屋根ではなく、雨風雪から完全に家を守ることは難しいです。 構造上、基本的に大事な3要素です。 この3つが、屋根屋さんの責任範囲で、骨組みは大工さんの縄張りになります。 
 
 屋根の一番上にのっているのが、仕上げ材と言います。
その仕上げ材の違いによる屋根構造を上のメニューにしましたので、ご自分の自宅の家に合わせて選んでください。 このページでは、屋根の骨組み、屋根に関係のあるところの解説をいたします。 雨漏りの修理や、断熱などの話では、良くでてくるところです。
 

屋根の下の構造、骨組みなど


 

  小屋裏からは、屋根の裏側を見ることができます。 屋根の下地材である野地板は、垂木に止められ、垂木は、柱や梁で支えられてます。 もしあなたの自宅に押し入れがあればそこの天井に点検口がありますので、板をずらして天井から頭を出すと、見えるのが上の写真のような小屋裏が見えるはずです。 
図でいうと、天井の上、屋根のした。
これらの間の空間を小屋裏と言います。
小屋裏の調査で、垂木や、野地板の間から雨漏りの跡を探し、どこから雨漏りがしているかも分かります。
(野地板 => 現在の木造住宅では、合板であるコンパネを使用します。)
  また、経年変化で、野地板が傷んでいるかその他の屋根部分が傷んでいないかも、この小屋裏の調査をすれば、おおよその判断ができます。 屋根を見てもその下の防水シートや、野地板のことは、仕上げ材を剥がしてみないと分からないことが多いのですが、小屋裏からの点検からですと解り易いです。 
  最近では、小屋裏のない住宅もあり、つまり天井がなくて、部屋の上は、屋根が直接見える家もあります。 この屋根が直接見えても、それを天井と思っている方も多いのですが、天井と屋根の裏側とは、違うものですので気をつけてください。 小屋裏があると、そこに断熱材を施工したり、防音材を施工したりできます。(後述) 
  最近では、小屋裏のない住宅もあり、つまり天井がなくて、部屋の上は、屋根が直接見える家もあります。 この屋根が直接見えても、それを天井と思っている方も多いのですが、天井と屋根の裏側とは、違うものですので気をつけてください。 小屋裏があると、そこに断熱材を施工したり、防音材を施工したりできます。(後述) 

           Nobilis Works 「屋根葺き替えお助け隊」/copy right all reserved